啄木鳥探偵處

Kitsutsuki Tantei-dokoro – 啄木鳥探偵處 – 明治42年9月中旬。浅草では毎夜、凌雲閣にあらわれる幽霊が話題になっていた。東京朝日新聞社の校正係の啄木は家族を養うため、副業で探偵「啄木鳥探偵處」を始める。凌雲閣の経営者から幽霊騒動の解決を依頼された啄木は、友人の金田一京助を助手にして事件の捜査を行う。

Wikipedia

Official Page

There are no reviews yet.